データ入力を速く行うコツ

データ入力は、非常に人気のある在宅ワークです。
データ入力の在宅ワークで効率よく儲けるためには、データ入力の速度が大事です。
データ入力の速度を上げたいが、練習をどのように行うといいのか分からない、やはりタッチタイピングをマスターしない駄目なのか、というようなことに答えるために、データ入力を速く行うコツについてご紹介しましょう。


データ入力を速く行うコツは、ホームポジションをマスターすることです。
データ入力を速く行うために必要なものがタッチタイピングです。
タッチタイピングというのは、キーボードを見ないで、タイピングを画面だけを見て行うことです。
タッチタイピングを行うためには、指でキーボードの配置をマスターすることが必要です。


しかしながら、様子が分かっている自分の家の中でさえ、眼をつむって自由に行動するようなことは困難ですね。
手で分かるような何らかの目印がやはり必要ですね。


タッチタイピングの場合も同様で、基本のポジションであるホームポジションと言われるものをマスターすることからスタートします。
ホームポジションの場合には、Jキーに右手の人差し指を、Fキーに左手の人差し指を置きます。
キーボードのほとんどには凸があるため、指で触れてもチェックしやすくなっています。
このホームポジションをマスターすると、キー打ちのミスを少なくすることができるのです。


本サイトでは、必要なスキル、コピー機能の利用、ブラインドタッチ、についてご紹介します。




Copyright © 2014 データ入力を速く行うコツ All Rights Reserved.